学園概要・・・東陽学園の概要・教育方針について・・・

学園長ごあいさつ

「三つ子の魂 百までも」
幼児教育センター的役割を果たすべく、先生方と一丸となって更なる充実した教育に力を入れてまいります。

教育のねらい

  • 本幼稚園は、学校教育法に基づき、幼稚園教育要領に従って、幼児の内的生命の可能性をのばし、
    一人一人の個性を尊重し合い、友達と協力しながら豊かな生活習慣・態度を育てる。
  • 健康的な心身を育てるために、いろいろな活動に興味を持たせ、十分に自己発揮できるような活動の
    精選と指導及び創意工夫をこらし、適当な環境を与える。

教育活動

  • 健康教育
  • 安全教育
  • 感謝教育
  • 心もからだも健康な子ども
  • 自分のことは自分でする子ども
  • 人に迷惑をかけない子ども
  • よく見たり聞いたり考えたりする子ども
  • きまりをよく守る子ども
  • 物を大事にする子ども
  • 感謝の気持ちを忘れない子ども

東陽学園のあゆみ

昭和40年11月1日 学校法人東陽学園寄附行為認可
昭和41年2月23日 神町幼稚園認可 定員80名(学校法人立として県内第10番目)
昭和51年12月1日 ひがしね幼稚園認可 定員120名
平成17年4月1日 ルンビニー保育園認可・開園 定員60名
平成29年4月 現在 神町幼稚園 創立51年 定員200名・ひがしね幼稚園 創立40年 定員200名

特性

  • 学校教育法による学校法人立の幼稚園です。
  • 文部科学省の定める設置基準に則り、園地、園舎、施設・設備が完備しています。
  • 学校法人立のため、どんな宗教や団体にも関係なく、民主的教育を行っています。
  • 神町幼稚園・ひがしね幼稚園・ルンビニー保育園は、姉妹園です。
  • 遊び・体育・知能・マーチングなどオールマイティな教育を通して、可能性を引き出し、意欲を育てます。
  • 預かり保育(朝7時30分から夕方6時30分まで)を実施しています。
  • 随時、子育てについての悩みなどのご相談に応じます。

教育内容の柱

自立:豊かなあそびと学びから一人一人に『生きる力』の基礎を育みます。必要な経験:一人一人にその場その時に応じて何を必要としているのか、どんな経験が必要なのかを考え、かかわります。家庭との連携:子どもの成長を見守るために、家庭と幼稚園が互いに協力し合い、小さなことも一緒に考えていきます。心の援助:さまざまな経験をする中で、つまずいたり、転んだりしないように教え込むのではなくどうすれば乗り越えられるのか自分で気付き、考えられるよう、発達に応じた援助をします。教師や友達とのかかわり合いの中で、信頼感・思いやりの気持ちが育つ。考えたり、試したり、工夫したりして遊ぶことで、探究心・創造性が育つ。みんなと一緒ならできる、がまんする経験を通して、協調性が身につく。集団生活の中でのルールの必要性や守ることの大切さに気づくことで、社会性が育つ。